個人的プログラムの備忘録

プログラム初心者の自分の為に書く備忘録なのでこのサイトに載っているコードで不具合が起きても責任は取れませんので自己責任でお願いします。

PHPでブラウザの使用言語を解析してページを振り分ける方法

      2015/12/23

今回はIPアドレスでの振り分けではなくブラウザの使用言語の優先度が高いものを調べて、そこから条件分岐する。

参考にさせてもらったのは以下のサイト。
海外からのアクセスを振り分ける | KoToRi Blog【コトリブログ】
PHPで表示言語を自動判別 | refirio.org

海外からのアクセスをPHPで振り分ける方法

まぁ、正確には海外ではなくブラウザに設定されている言語が日本語か外国語かどうかで分けてるんだけどね。
これはPHPに元から用意されている環境変数の「HTTP_ACCEPT_LANGUAGE」と言うものを使って判別する。
この「HTTP_ACCEPT_LANGUAGE」はブラウザに設定されている言語を返してくれる。
以下の画像はChromeの言語設定の画面だが
language
・日本語
・英語
・英語(アメリカ合衆国)
となっている。
今回はこの言語の優先度がより高いものを判別するコードである。
この言語は並び替えや追加することが出来、この設定の一番上にきている言語がブラウザにとって一番優先度が高いといえる。
以下コードは英語、中国語、日本語を判別している。

これで、ブラウザの言語が英語と中国語が優先されているのは違うサイトに飛ばせる。
これなら言語の条件分岐を増やせば簡単に多言語サイトに対応出きるようになる。

 - PHP

Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance